赤ちゃんの頭蓋骨のゆがみ専門治療

東京都中央区の整体院

HOME > 赤ちゃんの整体

■赤ちゃんは生まれたその日から施術が可能■

赤ちゃんの頭や骨盤の歪みも治療できます!!
赤ちゃんは「生まれたばかりだから、治療はしないほうが・・・」と思われる方がいらっしゃいますが、まったく逆です!!骨がやわらかいからこそ、効果的な治療が可能なのです。 理想は生まれてすぐに治療をするのがベストです。しかし、それは身内でなければ無理なので、通常は退院してすぐがいいでしょう。

新生児室でどちらか片方を向いて寝ていれば治療が必要

赤ちゃんの治療時期は??

赤ちゃんのころは施術をするのに最適の時期です。よく、「赤ちゃんの治療 は 一ヶ月くらい経ってからですか?」とか「首がすわってからですか?」等という質問を受けますが、理想は生まれてすぐに治療をするのがベストです。しかし、それは身内でなければ無理なので、通常は退院してすぐがいいでしょう。つまり、入院期間は普通分娩ですと4日~5日、帝王切開だと8日~10日くらいですので。退院後にすぐに治療するのが、ベストです。

特に、新生児室で左右どちらかを向いて寝ている場合、自然と治ることはありません。生まれたばかりの赤ちゃんは頭蓋骨も骨盤や背骨も柔らかい状態で、正常になろうとする力が最も高い時期ですので、可能な限り早く治療したほうが、変化が早いということです。

当院は赤ちゃんのアトピー治療も専門にやっていますが、アトピーの赤ちゃんはほぼ、100%頭蓋骨の形が悪いのが特徴的です。そして、頭蓋骨のゆがみがなくなってくるとアトピーの状態もよくなります。

0ヶ月の赤ちゃんの施術の目安は、赤ちゃんの寝ているときに向いている方向です。

片側ばかり向いているときは、すでに治療の対象となります。片側ばかり向いて寝ていると、片方の頭蓋骨がへこみ、斜頸の原因となります。期間が経てば経つほど固着が出てきますので、早めに施術をすることをオススメします。早ければ早いほどベターです。

当院は妊婦も臨月まで、正確に言うと陣痛がくる直前まで治療か可能ですので、妊娠中に通院している方も多いもです。出産したら、ママは赤ちゃんの事しかできないので、家事などをやってくれる親元に退院するとすぐに帰る方が多いと思います。しかし、実家に帰る前に治療を行い、お腹の中での問題(歪み)を治したほうが良いのです。

新生児(生後1週間)の赤ちゃんの治療

① 仙骨を使って頭蓋骨を強調させます。

② おなかの硬さを診ます。

③ 頭蓋骨のゆがみを診ます。

頭全体のゆがみ、プテリオンの高さ、頬骨の高さを診ます。

④ 頭蓋骨を矯正します。

⑤ 大腰筋矯正します。

⑥ 胸郭を調整します。

胸郭を触診し、左右差を診ます。そして、呼吸がしやすいように矯正します。

⑦ 背中の強さを診ます。

⑧ 治療の内容の説明をして終了です。

赤ちゃんの治療はあくまでも成長の状態で決めます。特に側頭骨がゆがんでいると、ハイハイや歩行などに影響を与えますので、お早めにご相談ください。

ワンポイントQ&A


Q,帝王切開と、普通分娩で治療の対象は変わりますか?

A,帝王切開というと、昔の人や、素人の治療家はやみくもに反対します。しかし、健康な赤ちゃん生むという目的からすると、帝王切開も良い手段と言えます。子宮の状態の悪い人や、逆子の人などは、むしろ帝王切開の方が安全です。

赤ちゃんの頭蓋骨は、普通分娩よりも帝王切開の方が形はいいです。帝王切開にも普通分娩にも、長所も短所もあります。帝王切開の場合は、産道を通らないので、頭蓋骨への圧力が足りないのが欠点ですので、帝王切開で生まれた赤ちゃんにはこれを補う矯正をします。

普通分娩の欠点は、分娩時の頭蓋骨の牽引でしょう。赤ちゃんを出すときに、引っ張るので、頭蓋骨や、首に問題が生じやすいです。しかし、帝王切開にしても普通分娩にしても、赤ちゃんに与える刺激は一時的なものです。赤ちゃんは10ヶ月、正常ですと37週から40週かけて成長しますので、お腹にいるときの問題の方が、圧倒的に成長に影響します。

ワンポイントQ&A

Q,夜寝ない原因はなんですか?

A、たくさん原因がありますが、まず母乳です、コーヒーやコーラなどカフェインの多い飲み物をママがたくさん飲んでいると敏感な赤ちゃんは反応します。また、お酒は絶対に止めましょう、女性週刊誌に授乳期間中にお酒を飲んで赤ちゃんが知能障害になった例が結構載っていました。どうみても悪影響だと思われることはやめましょう。
もう一つは、おっぱいが足りない可能性があります。赤ちゃんが満足していないようだったら、ミルクをたしましょう。
そして赤ちゃんは敏感です。イライラせずになるべく笑ってあげましょう、あまり泣かなくても寝ませんが、なるべく時間をつくって遊んであげましょう。

赤ちゃんの施術は、ボキボキやるようなことはしません、コンタクトしている圧は、爪が白くならない程度の軽い圧で行います

赤ちゃん、小児治療の目的

治療の目的は、頭のゆがみによって、成長障害や、知能障害、学習障害を予防することが、最大の目的になります。

頭や顔の歪みが原因で不調が起こっているのであれば治療をしていけば歪みは正常な位置へ戻っていきます。

単に頭を小さくしたい、顔を整えたいなどの美容目的だけの方はご遠慮ください!無理に頭蓋骨の形を変えると、副作用が出る可能性があります。そのような破壊的な治療は当院では行っていません。

治療例として、初診時に7ヶ月で来院するとします。お座りの標準が6ヶ月なのですが、7ヶ月でお座りができていないと、9ヶ月のつかまり立ちが遅くなる可能性があります。ここで遅れると、1歳3ヶ月で歩くことが難しくなるので、このような成長の遅れが無いように治療をしていきます。

標準の成長よりも遅い=脳の成長も遅い=学習・運動能力が低くなると考えられます。

泣き声も治療のポイントとなります。赤ちゃんの泣き声はうるさいぐらいが正常なのですが、状態の悪い赤ちゃんは泣き声が小さく、うるさいという印象がありません。

泣き声が小さい=酸素を上手く吸えない=体が酸欠になりやすい=機能が十分に働かないということです。

何か少しでも気になることがあれば早めの治療をオススメします。

予約のご注意

完全予約制になります。

専門治療の先生が行います。

保険の適用はありません、自費治療になります。

PageTop




東京都千代田区有楽町の整体院/長谷治療院/不妊症は不妊治療の整体院で骨盤矯正/東京都千代田区有楽町

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ