《これからの整骨院、接骨院の理想像》

 

「バカとかかわらない」

「ストレスを溜めない」

「長い時間働かない」

である。


はじめに

新たな可能性を作り、柔道整復師の枠からの脱却。
治療家として進化する

柔道整復師進化塾の西村と申します。
3年前、私の職業はなんですかと聞かれたら、「柔道整復師です」と答えていました。
どんな人を診るのですかと聞かれたら、「怪我や筋肉とか関節の問題を見ます」と答えていました。

今、職業はなんですかと言われたら、「整体師、治療家です」と答えます。
どんな人を診ているのですかと言われたら、「体に起こる異常全てです」と答えます。

柔道整復師として、運動器の問題のみを治療していた私が、
現在、身体に起こる異常全てを診るようになったのは、なぜでしょうか?

内臓のテクニックを学んだから、クラニアル(頭蓋骨)テクニックを学んだから、 骨格矯正も学んだから、エネルギーテクニックを学んだから。
正解のようで、不正解です。
正解は、ある哲学の元、身体を包括的に捉えられるようになったからです。

様々なテクニックを学んでも、「身体を一つとしてどう捉えるか」がなければ 宝の持ち腐れです。

この先、治療家として 身体を包括的に捉えられ、治療できるスキルが身につけば、 先生の可能性は、今以上に広がるのではないでしょうか。

そのためには
筋骨格系の治療スキルも、内臓テクニックも、クラニアルテクニックも重要です。
更に、 これらを統合して、治療していく能力や治療家としての軸が必要になります。

私も3年前までは、筋骨格系のみでしか患者さんを捉えていませんでした。
当然治療院に来る人は筋骨格系の主訴を持っている方だけでした。
なかなか改善しきれない方も多くいました。
3年前、あのままでいたら今はどうなっていたことかと思います。

今は見ている方々の主訴は筋骨格系のみならず多岐に渡ります。
結果も今まで以上の結果が出ています。
今まで以上に高い壁にもぶち当たっています。
でも、その困難もまたやり甲斐だと感じています。

柔道整復師の枠から脱却し、先生方の新たな可能性を作り出し
治療家として共に進化していきましょう。

あなたにとって治療家としての成功とはなんでしょうか?

柔道整復師進化塾の宮野と申します。
昨今、治療院業界は整骨、鍼灸、整体、カイロ、美容など他ジャンルに展開される中で飽和状態にあります。
提供する側は独自の専門性を謳っていますが、利用者側からは違いがわからないというのが現状です。
業界のトレンドとして様々なテクニックが出回り、希少性や斬新さを求めてセミナー難民となる方が増えています。
また収入増加を目的とした集客法やリピートさせるためのテクニックなどマーケティングに特化した内容も急増しています。
私達がお伝えしているのはそういった一種の流行技術やマーケティング理論ではなく、治療家としての原点であり使命でもある「治療で結果を出す」という一点に限ります。
様々な集客法を駆使して患者さんを増やしたとしても、そこで求められるのは治療家としての価値と信用です。
それがなければ一時的な反響のみで継続的な収益の増加は見込めません。
では治療家としての価値・信用とは何か?
その人の人間性・知識量も大切ですが、一番大切なのは「結果」です。
求められているのは資格や経歴、提供する技術ではなく、あくまでも「結果」です。
様々な勉強をたくさんして理論武装しても結果が出なければ意味がありません。
何百万もかけた集客法よりも1件の紹介の方が圧倒的に価値があります。
時代が変遷する中、身体の悩みも年々複雑になっていきます。
その変化に対してセラピストも進化しなくてはなりません。
適応ではなく「進化」です。
私達はセラピストとしての価値を高めるということだけにフォーカスし、結果を出せるようになるためのお手伝いをさせていただきます。

まず、交通事故、自賠責患者を廃止する。

現在、ネット等で「整骨院 コンサル」「接骨院 コンサル」などと検索すると、「交通事故 集客」や「自賠責 集患」などのサイトが多数出てきます。当塾の顧問である長谷澄夫先生は、自賠責のコンサルを2002年に始めました、当時、業界ではほとんど見ない技術、レセプト、ホームページ付のコンサルでした。そのため当時コンサルを受けた多くの整骨院、接骨院が自賠責患者の集客に成功し、自賠だけで月に200万円以上も稼ぐ接骨院が登場しました。ところが現在の状況はどうでしょうか?新聞に叩かれる、部位の制限が厳しい、保険会社の担当がうるさい、などなどあまり、いえほとんどメリットはありません。それでしたらいっそのこと交通事故、自賠責はやめて、現金のみにしてみてはいかがでしょうか?その方が、ストレスが無くなります。


マッサージなど時間での料金設定は全て廃止する

自費を導入するだけでは全く意味ない。

柔道整復師が開業すると、すぐに自由診療に切り替えたがります。当然ですね、保険よりも単価が高く、レセプトなどの煩わしさもないのですから、しかしここで注意が必要です。ただ単に自費に移行するだけでは全く意味がないのです。たとえば自費を導入ました、60分5000円です、これでは単価が上がっても売り上げは落ちます。しかもストレスは減らずに、労働時間は長くなります。それに今、道を歩いているとこんな看板を見かけませんか?

こういうところと競争をするとなると、更にストレスが溜まります。 自費を導入するうえで、もっとも重要なことは第一に技術、次は料金設定です。

料金設定をするうえで、時間は絶対に書いてはいけない!

料金は、1回5000円や1回10000円と設定します。つまり1分でも30分でもその料金とあらかじめ設定しておけば、あとは自分の努力で時間を短くできます。ここでポイントは 「患者教育」と「施術時間を短くする技術」になりますが、これについては当塾にお任せください。

健康保険の施術はケガのみ

柔整師会、接骨師会は入会する必要なし!個人請求で十分!

近接部位、長期理由、ムンテナ、慢性を急性で請求などなど、保険請求に対するストレスと時間は柔道整復師にとって大きな悩みの一つです。しかし、そもそも慢性疾患を保険でなく自費でとればそのようなストレスはほとんどなくなります。そして子供やスポーツ選手のケガなど純正外傷のみを保険で対応すればいいのです。ですので、保険請求は請求額がかなり減りますので、接骨師会などに入会する必要ななく、個人請求で十分です。

メルマガ事前登録はこちら

集客コンサルティングは無駄!
技術が向上すれば患者は来るなと言っても来院する

能力や人望がない人間ほど、人脈を開拓します。私たちの業界では技術がない人間ほど集客のセミナーに参加します。以前、「財テク」という言葉が流行しました、しかし財産がない人間が財テクを行っても、全く利益が得られるどころか借金を背負って破産という状況が多くなったためにすぐに廃れてしまいました。何が言いたいのかというと、根本の部分が見当はずれの場合、全てのことがうまくいかないのです。塾生の中にも集客の力をいれて、ホームページを改良したり、フリーペーパーに出したり、さまざまなことをして集客をした方がいました、しかし、実際に来院した患者は質が悪くそのためにスタッフ教育をしなければならなくなり、結果として赤字が膨らんだだけという負の連鎖に陥ってしまった人が多くいます。

教育するべきはスタッフでなく患者である。

整骨院や接骨院で、よくこういう患者がみられます。「今日は膝が痛いから膝に低周波やって」「マイクロが2個あるが他に患者さんがいないから2か所あてて」などなど、こういう患者に「ハイいいですよ」などというと、保険治療のくせに患者はつけあがって毎日不当に要求をしてきます。

患者に必要なのは、サービスでなく教育(しつけ)である

よく、治療業界はサービス業などという人がいますが、これは大きな間違えです。病気や症状は全て自己責任ですので、施術を受けにくる患者は自己管理能力が低い人です。まあ当塾の塾生のほとんどは、自費のみの料金設定、症状がなく予防できている患者ばかり、1個数万円のサプリを薦めるとすぐに現金で購入して帰る、そういう患者さんばかりを相手にしています。施術所に来院する患者は、何歳でも子供と同じです。ですから子供を教育することと同じで成長させ、自己管理ができるようにしてやらなければならないのです。この、患者教育を含めた健康理論、哲学、考え方が当塾の強みになっています。ぜひご相談ください。

スタッフ教育する暇があるのなら技術をあげて施術時間を短くする

例えば、スタッフを教育する時間が1時間かかるとします。そのあいだはお金が入ってきません、それどころかそのあとに給与を支払わなければなりません。患者1人5,000円とした場合、1時間で6人施術をすれば30,000円の売り上げが得られます。また、スタッフの施術にクレームなどが来たらさらに時間を取られます。また、いくら教育をして技術を提供してあげてもいずれは退職していきます。1年いや5年というスパンで考えると、その時間は非常に無駄です。さらにそれに対するストレスを考えるとさらに無駄の多さに気付くと思います。「バカとかかわらない」「ストレスを溜めない」「長い時間働かない」という当塾のコンセプトから考えると、院長は、技術を向上させ、余計なフタッフを切り、施術時間を短くして、院の都合で患者に来てもらう、これが一番です。

鍼灸を持っている人。
持ってない人でも難治性疾患に対応できるクラニアルテクニック

難治性疾患は鍼灸の領域と思っている人が多いことに驚きました、そんなことはありません、柔道整復師でも十分に施術できます。特に耳や目など首から上の問題に対しては、クラニアルテクニックやセファロテクニックが非常に有効です。当塾では1日である程度これらのテクニックができるようなセミナーも開催していますので、ぜひご参加ください。

メルマガ事前登録はこちら

治療家の声

吉田 泰教
まいづる1丁目接骨院

私は、スクールに参加してから「治療」に対する考え方がまったく変わりました。
そのおかげで、どんな症状でも逃げることが無くなり、もう以前のように治療に退屈することはありません。
治療技術に関しても、スクールで学んだ「内臓テクニック」「クラニアルテクニック」に切り替え、接骨院ながら完全自費に移行でき、面倒な健康保険業務のストレスから開放されています。
経営面でも、2016年4月は過去最高の売上となり、自費移行できたことで売上の限界が無くなり喜んでおります。
しかしながら、やはりスクールで学ぶの本当の魅力は、「治療哲学」にあると感じています。
身体にとって何が良くて、何が悪いか、それを考え、学び、腑に落とすことが出来る場だと思います。
今後は、患者さんはもちろんのこと多くの方に、スクールで学んだことを知ってもらい世の中の認識が変わるように努めたいと思います。
是非、スクール卒業生が増え、「慢性疾患は治療院へ」という考えか方が当たり前になるよう願っております。

上野 元義
元気堂

治療家に必要なのは、「すぐに使える治療テクニック」と「これだけやれば良い式の経営法」だけなのだろうか?
そういうセミナーや教材が流行する時代となっています。
しかし、目先が少しばかり異なったテクニックや、人真似の知識だけでは本当の解決にはならないと感じている治療家の方々にこそ、ぜひ、スクールに参加して欲しいと思います。
「哲学を教える」というスクールとは何なのか?
一人の卒業生として、その答えは、「揺るぎない治療家人生の構築にある」ということをお伝えしたいと思います。
治療家になりたい。人を救いたい、人を幸福にする仕事がしたい、そういう想い、動機で、この世界を目指す人が多いと思います。でも、いざ、その道を歩み始めると、真摯であるほど、挫折、疲労、貧困や焦燥感に襲われ続けているのではないでしょうか?
私自身、技術、経営、人間関係、体力などの壁にぶつかり、迷い、自信を無くし、身体を故障し続けておりました。様々なセミナーや教材にも手を出しましたが、物足りなさばかりが増していました。
それが何故変わったのかというと、スクールとは「意識を変え、意志を育てる場」だからです。
スクールでは一度、自分の殻を壊し、治療家に必要な能力を再プログラミング化します。
その結果、
・  クラニアルテクニックや内臓テクニックといった、難病にも対応できる、一流のスキルが、必ず身につきます
・  症状に当てはめるのではなく、患者を診て、治療方法、手順を組み立てられるようになります
・  患者を納得させることができるので、コミュニケーションが楽に、施術が楽しくなります

野口 智章
のぐち接骨院 院長

スクールに参加する前までは、外傷・スポーツ障害を中心に保険診療のみの治療をしていました。
接骨院の保険診療の算定基準が年々厳しくなり、介護や美容・マッサージといった部門をいち早く取り入れ経済的に成功していく同級生を横目に、『何かが違う』という思いを抱きながら保険診療のみの治療を続けていました。
そんな折、色々な偶然が重なり長谷先生のクラニアルセミナーに参加する機会を得ることができました。
セミナー翌日より半信半疑でクラニアルテクニックを使い続けていくうちに、『これは根本治療を目指せる技術であり、治療家として絶対に身につけておくべき技術だ。』という思いが日増しに強くなり、基本から学べるスクールへの参加を強く意識するようになりました・
当時の私にとってはスクールの費用は高額であり、妻に絶対に反対されると分かっていましたが、治療家としての今後を決める大切な技術という衝動は抑えられなく、妻に頭を下げてスクールに参加することができました。
通常のセミナーでは実技のみとなりますが、スクールでは実技の内臓テクニック・クラニアルテクニック・ディストーションの他に座学の哲学を学びます。
登山家にとって地図やコンパスが必要なように、治療家にとって必要な治療哲学が学べるのはスクールのみであり、これを学ぶことによって自信を持って患者様の前に立てるようになります。
そして、実際に難病で治療実績を出し続けている講師の先生方が、個々の能力を最大限に引き出すべく熱い情熱を持って指導に当たってくれます。(本当に熱い情熱を持って接してくれます(笑))
これからしっかりとした治療技術を身につけたいという先生や更なる新しい技術を身につけたいと思っている先生はもちろんですが、どの情報を信じて良いか分からずにセミナー難民となっている先生には特にスクールへの参加をお勧めします。
同じ目的意識や悩みを持った仲間と充実した時間を共有するうちに、自分の目指すべき道が自然と分かり必ず良い答えが見つかると思います。
どんな時代を迎えようとも“私は治療家です”と胸を張って言えるように共に頑張っていきましょう。

メルマガ事前登録